アイデアスプーン 販路開拓・地域発信サポーター向けポータル

アイデアスプーンでは、地方創生地域活性SDGs6次産業化など、地域事業のアイデアの元になるような最新事例や統計情報を紹介しています。ぜひ、以上の地域事業にアイデアスプーンをお役立てください!

大分

地方創生・地域活性地域産業トレンド

2021.10.28

学生発「モリノエビラーメン」 昆虫食とジビエでSDGs貢献目指す

今年の10月、大分県のラーメン店「NOODLEFACTORYLIFE(ヌードルファクトリーライフ)」で、学生考案のラーメンが提供されました。PuckUp記事:別府市の学生らがコオロギ麺×ジビエスープの

秋田

地方創生・地域活性地域産業トレンド

2021.10.15

秋田市の飲食店がオリジナル調味料を販売 地域食材を活かした商品開発

秋田市内の飲食店で、商品開発の一環として、調味料を製造・販売する動きが盛んになっています。PuckUp記事:秋田の飲食店が調味料販売、続々醸造元と共同開発も(秋田経済新聞2021.09.08)店自家製

北海道

地方創生・地域活性地域産業

2021.09.28

小樽から海産物をネット実演販売 地場産品のブランディングによる地域振興

1980年代よりホタテ貝の養殖業に着手、地域振興にも成功した小樽市祝津では、近年、地場産品であるホタテ貝をブランディングする動きが盛んになっています。 今年の8月には、小樽市の老舗海産物問屋

山形

地方創生・地域活性地域産業トレンド

2021.09.15

山形・新庄市の食品企業が新商品開発 大豆ミート使用でSDGs貢献も

PuckUp記事:代替肉を使った総菜、定額制販売新庄・食の力コーポレーション、SDGs貢献へ(山形新聞2021.08.11) 山形県新庄市の株式会社食の力コーポレーションは、SDGs達成への

東京

地方創生・地域活性地域産業

2021.08.30

クリエイターの地産地消を目指すセミナー 葛飾の地域を題材に協働開催

PuckUp記事:葛飾で「地元の魅力発掘法とデザイン」学ぶセミナークリエーターの地産地消目指す(葛飾経済新聞20021.07.16)地域の人との協働を大切にする葛飾区にて、クリエイターの地産地消を目的

地方創生・地域活性地域産業

2021.08.16

スタバが地域限定の新商品 地域食材や景観から着想を得て商品開発

PuckUp記事:スターバックス、都道府県ごとに異なる「47JIMOTOフラペチーノ」を発売6月30日から(TRAICY2021.07.01スターバックスコーヒージャパン株式会社(以下、スターバックス

北海道

2021.07.31

函館の地元企業同士でコラボ商品開発 他の地域も地産地消などの目的で

函館の老舗レストラン「五島軒」は、すぐ隣の七飯町にある酒蔵「箱館醸蔵」とのコラボ商品「郷宝チーズケーキ」の予約販売を6月16日から始めました。同酒蔵は道内でも珍しく自社で精米を行っており、「商品開発に

宮崎

2021.07.12

JA全農の新プロジェクト 地域食材を活用する新商品開発で企業コラボ

新たに「ニッポンエールプロジェクト」を発足した全国農業協同組合連合会(JA全農)は、日本の地域食材を用いた新商品開発を企業コラボにて開始。商品第1弾として宮崎県産日向夏の果肉と白皮(はくひ)使った清涼

宮崎

地域産業

2021.06.28

「河童」で商品開発 宮崎県・都城市のユニークな地域活性化活動

日本各地に伝わる河童伝説。日本人にとって馴染みのある妖怪「河童」で商品開発や観光客誘致などで地域活性化を目指す取り組みが日本各地で行われています。そのひとつ、宮崎県都城市の取り組みは、河童伝説をもとに

宮崎

地域産業

2021.06.15

宮崎発!コロナという逆境が生んだ新たな地域産品  地元生産者や自粛する方々を応援する新たな商品開発

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、飲食業界は大きな打撃を受けています。それに伴って、海産物や野菜、果物といった食材も、取引量も減少。大きな課題となっています。こうしたなか、宮崎県では地元の食材を