アイデアスプーン 販路開拓・地域発信サポーター向けポータル

  1. アイデアスプーン
  2. 地域施策

地域施策

地域産業トレンド

2021.11.19

フレーバーと商品開発 消費者ニーズを捉えて新たな商品価値を提案

PuckUp記事:消費者も気づかないニーズ「香り」把握し開発に活かす高砂香料工業(食品新聞2021.10.04)食品や飲料を「美味しい」と感じるためには、味だけでなくフレーバー(香り)も重要です。実際

大分

地方創生・地域活性地域産業トレンド

2021.10.28

学生発「モリノエビラーメン」 昆虫食とジビエでSDGs貢献目指す

今年の10月、大分県のラーメン店「NOODLEFACTORYLIFE(ヌードルファクトリーライフ)」で、学生考案のラーメンが提供されました。PuckUp記事:別府市の学生らがコオロギ麺×ジビエスープの

秋田

地方創生・地域活性地域産業トレンド

2021.10.15

秋田市の飲食店がオリジナル調味料を販売 地域食材を活かした商品開発

秋田市内の飲食店で、商品開発の一環として、調味料を製造・販売する動きが盛んになっています。PuckUp記事:秋田の飲食店が調味料販売、続々醸造元と共同開発も(秋田経済新聞2021.09.08)店自家製

トレンド

2020.12.14

北海道だけではない、日本全国に広がる国産チーズ 工房数は10年で2倍に

日本のチーズ市場は堅調な伸びをみせ、国産ナチュラルチーズを製造するチーズ工房の数も、2010年の約150工房から、2017年には300工房を超え、2倍以上に増えています。しかし、TPP11や日EU経済

観光トレンド

2020.07.13

GoToキャンペーン事業開始遅れる 各自治体は独自に行動を開始

事務委託費が高額であるという批判を背景に、新型コロナウイルスの経済対策として政府が1兆6794億円をかけて実施する「GoToキャンペーン」の開始が当初予定より遅れています。しかし、各自治体は「GoTo

宮崎

トレンド

2020.06.15

宮崎料理を提供する塚田農場 ECで生産者を支援

新型コロナウイルスの影響で、飲食店の売上が大幅に減少する中、食の根幹を支える生産者も出荷先がなくなり苦境に立たされている。こうした中、生産者と消費者をECを活用してつなぐ取り組みが増えている。宮崎料理

トレンド

2020.05.18

地方創生の第2期がスタート 「関係人口」を拡大へ

安倍晋三政権の看板政策である地方創生は2020年3月末で5年計画の第1期が終了しました。地方移住の希望者は増えていますが、今のところ効果は限定的であり、国全体として人口減少の緩和や地方の活性化につなが

神奈川

トレンド

2020.05.11

神奈川県横須賀市 新型コロナ対策で、テイクアウト・デリバリーを強化

横須賀商工会議所が運営する地域密着ポータルサイト「ヨコスカイチバン」に3月中旬より、「テイクアウト・デリバリー特集」ページが開設され、市内飲食店58店舗を掲載しています。新型コロナウイルス感染拡大の影

広島

トレンド

2020.03.30

企業版ふるさと納税、先進5事例が2019年度大臣表彰受賞

内閣府は、「地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)に係る大臣表彰」の2019年度受賞者を決定しました。同表彰は2018年度に始まったもので、企業版ふるさと納税制度の先進優良事例を表彰するものです。第2

神奈川

地域産業トレンド

2020.03.16

2020年プログラミング教育必修化、指導者育成がカギ

2020年度から、小学校でコンピュータの「プログラミング教育」が必修化されます。しかし、多くの教員が、プログラミング教育に初めてたずさわるため、準備を進める教育現場からは「手探り状態」といった声が。必