アイデアスプーン 販路開拓・地域発信サポーター向けポータル

  1. アイデアスプーン
  2. 第一次・二次産業

第一次・二次産業

地域産業

2020.11.02

パネルディスカッション②

 ■サッポロビール株式会社広域法人営業本部本部長代理担当部長松田正哉■道の駅伊達の郷りょうぜん駅長  酒井祐一■一般社団法人全国スーパーマーケット協会アドバイザー牛島晃(ファシリ[&hell

地域産業

2020.10.01

パネルディスカッション①

 ■サッポロビール株式会社広域法人営業本部本部長代理担当部長松田正哉■道の駅伊達の郷りょうぜん駅長  酒井祐一■一般社団法人全国スーパーマーケット協会アドバイザー牛島晃(ファシリ[&hell

北海道

地方創生・地域活性地域産業

2020.04.27

北海道幌加内町 そば生産者が事業化し、6次産業化へ挑戦

そばの作付面積・生産量ともに全国一を誇る日本屈指のそばの産地「幌加内町」。幌加内そばのブランドを守るために、そば農家であり、全麺協の段位認定で素人そば打ち5段の「そば打ち名人」でもある坂本氏は、そばの

地方創生・地域活性地域産業

2020.04.01

『サッポログループにできること。〈共創〉地域に愛される会社になろう。』~①~

 『サッポログループにできること。〈共創〉地域に愛される会社になろう。』~①~講師:サッポロビール株式会社広域法人営業本部本部長代理担当部長松田正哉 ~はじめに~「サッポロビール博

地方創生・地域活性地域産業

2020.02.17

発想の転換で小規模な変化を増やす。第一次産業に「プチ・マーケットイン」の発想を

日本における農産物の輸出量は、輸入量と比較すると著しく少なく、相対的に世界トップクラスの純輸入国となっています。国市場では外国産農産物との競合が強まり、農産物の消費は飽和状態だと言えるでしょう。現代に

青森

地域産業トレンド

2020.02.10

青森 移住者による新規就農が新しい風を呼び起こす

昨今、日本の第一次産業は衰退の一途を辿っています。従事する人口は減少し、高齢化が進み、農業総産出額も緩やかながら確実に低下しています。一方、農林水産業に従事する人の9割以上が地方に在住していることは他

地方創生・地域活性地域産業

2020.02.03

バイヤー目線を取り入れて「商品が持つ要素だけで販路が広がる」商品づくりの実現へ

近年、商品開発や販路開拓において、以前にも増して「信用」に直結する要素が重要視されています。生産者の情報やストーリー性、安全基準への準拠など枚挙にいとまがなく、取扱店や消費者から信用を得るための努力を

青森

地方創生・地域活性地域産業トレンド

2020.01.27

物産展の前に「自社の強み」の洗い出しを 「FCPツール」活用のすすめ

百貨店にとって、一大イベントである「物産展」。各販売店は、高い集客力による売上や認知度の向上を狙って出店します。また、実際に出店すると、来場した他店のバイヤーとの繋がりや出店者同士の交流などにより、出

茨城

地方創生・地域活性地域産業

2020.01.24

「ヴィーガン」は日本国内でも一大市場へとなり得るのか

日本では10年ほど前まで、菜食主義者を指す言葉として「ベジタリアン」が一般的に広まっていましたが、近年は「完全菜食主義者」を意味する「ヴィーガン」という単語を耳にする機会が増えました。ヴィーガン発祥の

地方創生・地域活性地域産業トレンド

2019.08.26

全国 “メイド・イン・ジャパン”を守る!地域の特産品のギフトボックス

かつて「ジャパン・アズ・ナンバー1」と呼ばれた日本のものづくり。社会的、経済的構造の変化から、製造業は厳しい状況に置かれています。高い技術力をから生み出される質の高い「メイド・イン・ジャパン」の製品を