アイデアスプーン 販路開拓・地域発信サポーター向けポータル

アイデアスプーンでは、地方創生地域活性SDGs6次産業化など、地域事業のアイデアの元になるような最新事例や統計情報を紹介しています。ぜひ、以上の地域事業にアイデアスプーンをお役立てください!

地方創生・地域活性

2022.08.29

キャンプ飯で地方の特産品をPR アウトドア推進して地方活性化目指す

PickUp記事:味の素がキャンプ飯のレシピ開発茨城特産ピーマンで(食品新聞2022.07.27)近年、地方の特産品をPRするのに、キャンプなどのアウトドア事業を活用して、その地域の消費拡大および観光

2022.08.15

生産者と地域事業者を地域内でマッチング 地産地消を促して地方活性化を推進

PickUp記事:地元食材を地元店舗が消費する地産地消マッチングサービスの実証実験を会津若松で【凸版印刷】(FOODFUN2022.07.12)近年、地産地消の推進等で地方を活性化して、持続可能な経済

地域産業

2022.07.25

野菜摂取量の向上目指すコラボ企画 地産地消を促して健康増進に貢献

PickUp記事:群馬県野菜をおいしく消費拡大、摂取量向上へ味の素など3者共同でキャンペーン(食品新聞2022.06.17)味の素株式会社は、野菜摂取量向上活動「ラブベジ®」プロジェクトを展開していま

トレンド

2022.07.11

食物アレルギーを学校で啓蒙 普段の食事から非常食まで役立つ情報発信

近年、SDGsや災害時の非常食などの観点から、食物アレルギーの有無に関係なく食べられる食品の需要が高まっています。このような背景の中、学校を通して食物アレルギーに関心を持ってもらおうと、食物アレルギー

地域産業

2022.06.27

規格外農産物とセットでプレゼント 食品ロス削減でSDGsにも貢献

PickUp記事:規格外キャベツでお好み焼セットロス削減、生産者支援にブルドックソース(食品新聞2022.05.30)近年注目されているSDGsにつながることから、食品ロス削減に積極的な企業が多く存在

地域産業

2022.06.13

商品開発にデータを反映 時代の変化や消費者ニーズを捉えた商品づくり

PickUp記事:【データ】子どもの食生活の意識と実態調査農林中金調べ(観光経済新聞2022.05.05)近年、商品開発やマーケティングに、さまざまな調査データが活用されています。顧客がどのような商品

地域産業

2022.05.30

JA全農が伊藤園と協働 全国の産地を応援する事業者コラボと行政支援

PickUp記事:全国の産地を応援するJA全農の「ニッポンエールプロジェクト」伊藤園との協働で予感させられる一大ムーブメントの可能性(食品新聞2022.04.27)全国農業協同組合連合会(以下、JA全

トレンド

2022.05.16

惣菜業界初のロボット実用化 人手不足・単純作業解消してSDGs貢献

PickUp記事:惣菜盛付ロボを実用化作業者シフト、量子コンピューターで計算(食品新聞2022.04.06)日本の惣菜製造業界は、深刻な人手不足に悩まされています。そこで、工場にロボットを導入して人手

2022.04.25

フードグランプリ受賞高校に教育支援 CSR・CSVの一環で

PickUp記事:「商業高校フードグランプリ」受賞校で特別授業、店頭販売も伊藤忠食品とイトーヨーカ堂食品新聞2022.03.30)伊藤忠食品株式会社(以下、伊藤忠食品)は、「商業高校フードグランプリ」

トレンド

2022.04.11

米および植物性素材の新ブランド 健康とSDGsに貢献する商品提案へ

PickUp記事:亀田製菓グループの美味しく健康価値のある食品事業の進化(FOODLABO2022.03.10)亀田製菓株式会社は、次のグループ会社とともに、米や植物性素材を用いた新ブランドを展開し、